SHOKEN MAGAZINE

更新日: 2023.11.20

不動産投資における経費はどんなもの?

不動産投資においては、確定申告の際に特定の経費を控除することができます。以下は、一般的な経費の例です。ただし、具体的なケースによっては異なるため、確定申告前に専門家や税理士に相談することが重要です。

  1. 取得経費:
    • 不動産を購入する際に発生する取得に関する経費が含まれます。
    • 登記費用、仲介手数料、司法書士報酬などが含まれます。
  2. 借入経費:
    • 不動産を購入するためのローン利息や借入手数料が経費になります。
    • ローンの金利、借入手数料、銀行に支払う手数料が含まれます。
  3. 維持管理費:
    • 不動産を所有するためにかかる維持管理費が経費になります。
    • 管理会社への報酬、修繕費用、保険料、清掃費用などが含まれます。
  4. 固定資産税:
    • 所有する不動産にかかる固定資産税が経費として計上されます。
  5. 減価償却費:
    • 不動産の価値が減少することを考慮し、毎年一定の割合で資産を償却する減価償却費が経費になります。
  6. 空室損失:
    • 不動産が一定期間空室である場合、その間の家賃収入が発生しないため、空室損失が経費になります。
  7. 広告宣伝費:
    • 不動産を賃貸または売却するための広告宣伝費が経費になります。
  8. 旅費交通費:
    • 不動産の現地調査や管理のための旅費や交通費が経費になります。
  9. 専門家への報酬:
    • 弁護士や税理士への相談や報酬が経費になります。
  10. 法定印紙代:
    • 契約書や譲渡証明書に必要な法定印紙代が経費になります。
  11. 不動産保険:
    • 所有する不動産に対する保険料が経費になります。火災保険や地震保険などが該当します。
  12. リフォーム費用:
    • 不動産を改装・リフォームする際の費用が経費になります。ただし、修繕とリフォームを区別する必要があります。
  13. 家賃保証料:
    • テナントから受け取る家賃保証料が経費になります。これは家賃滞納の際に備えるためのものです。
  14. 外部委託費用:
    • 不動産の管理やメンテナンスを外部業者に委託する場合、その委託費用が経費になります。
  15. 地代:
    • 地代(土地の賃借料)がかかる場合、その支払いが経費になります。
  16. 損害賠償費用:
    • 不動産に関連する事故や損害が発生した際の賠償費用が経費になります。
  17. ゴミ処理費用:
    • 不動産に関連するゴミの処理にかかる費用が経費になります。
  18. 公共料金:
    • 不動産にかかる公共料金(水道光熱費など)が経費になります。

これらの経費は、不動産に関する所得から差し引かれて、課税対象の所得を算出する際に考慮されます。ただし、法律や税制は変更される可能性があるため、最新の情報を確認するために税理士や専門家に相談することが重要です。