2021.08.20

不動産投資は何歳までに始めればいい?

1.20代までに不動産投資を始めた場合

まだ年収も低く、勤続年数も短いため、融資が通りにくいでしょう。ただし、若いうちに不動産投資を始めれば、その分完済時期が早いので、40代で億万長者になるのも難しくありません。 また、その資金を元に次の投資にチャレンジできるので、さらに大きく投資できるチャンスがあるのも魅力でしょう。3年以上の勤続と500万円ほどの資金があれば、融資を受けられる可能性は大いにあります。複数の銀行にアプローチをしましょう。

2.30~40代で不動産投資を始めた場合

年収も高く、勤続年数も長いことから、不動産投資を始めるにあたって最も適した年齢でしょう。銀行側にとって、20年、30年ローンの返済の見通しが最も立てやすく、融資を受けるベストタイミングだといえます。 定年までに完済できるスケジュールであれば問題なく融資を受けられるでしょう。

3.50代以上で不動産投資を始めた場合

銀行側がオーナー様の寿命を気にし始める年齢です。特に60歳以上であれば20年以上の返済期間を要する場合、死亡による未回収のリスクが考慮されます。また、定年が近い場合、収入も大きく見込めないため融資の評価としては下がります。50代前半であれば、定年までの時間が短いため、支払いのスピードが重要となってくるでしょう。 ただし、相続税対策には効果的ですので、現金や株などのペーパー資産に偏っている場合は、何割を現物の資産に変えてリスクヘッジするのはおすすめですね。

4.まとめ

融資を受けられるかどうかの難易度はありますが、不動産投資はできるだけ若いうちに始めた方が良いです。若い分、時間をかけられることで、低リスクの投資ができるからです。 安心した老後のための不動産投資を始める方も多いですが、それだったら20代で不動産投資を始め、40代の段階で家賃収入だけで生活できるのが理想形ですよね。決して非現実的なものではなく、融資さえ通れば実現する可能性も高いので、できるだけ早いうちに取り組みましょう。

投資用不動産・居住用不動産については
私たち湘建のスタッフにお任せください